外傷・やけど・けが全般を治療します。
一般外科は日常的な外傷、やけど、けが全般の外科的処置を行う診療科です。体の表面に起こった外傷の処置ならば、主に湿潤療法で対応いたします。従来の治療では再生が遅く、消毒液が元気な皮膚も傷めていましたが、湿潤治療は傷口から出てくる滲出液を封じ込め、湿った状態で治すため、そうした弊害が少なくて済みます。創傷治癒が早く、痛みが少なく、しかもきれいに治るという特徴があります。なお、高度医療設備が必要な場合は、専門的な手術などが行える病院にて対応します。

このような症状のかたは外科受診を

  • 転倒などによって皮膚が擦りむけた
  • 刃物で指などを切ってしまった
  • 皮膚にトゲや釘が刺さった
  • 転んで関節(膝など)をひねった
  • 骨が折れた
  • 骨や筋肉の痛みが収まらない
  • 皮膚におできなどが出来た
  • 床ずれが治らない
  • やけどをした
  • ギプスに強い違和感がある
  • 手術後の体調が芳しくない など

やけど

やけどは日常的に最もよく見られる外傷の一つです。やかんやポットの湯、コーヒーやお茶、てんぷら油、またカップ麺のスープなどによる高温の液体によるやけどが多く、ストーブやアイロンなどへの接触によるものが、これに続きます。高温の物体が皮膚に一定時間以上触れると皮膚がやけどになりますが、50度前後のそれほど熱くないものでも長時間皮膚に触れると、やけどを起こします。

このようなときは水道水などで冷やすことが肝心です。これによって熱による組織損傷が深くなることを防ぐだけでなく、受傷した部位の炎症を抑え、痛みをやわらげることができます。なお、衣服などを無理に脱ぐと外傷がひどくなることがあるので、衣服を着たまま水道水などの流水を直接かけます。こうした応急処置を行ったら、出来るだけ早く一般外科を受診するようにして下さい。

整形外科

整形外科は、体の基盤となる骨や関節などの骨格系、およびそれを取り囲んでいる筋肉や腱、またこれらを支配している神経系からなる運動器に起こった様々な怪我や病気を治療し、その機能改善を目指す専門的な診療科です。捻挫や骨折のほか、リハビリテーションも行います。

捻挫

捻挫は、関節に不自然かつ強い外力が加わることにより、関節を支えている靭帯の一部が伸びたり切れたりした状態です。複数の靭帯に影響が及び、完全に断裂するような重いケースもあります。体中いたるところの関節で起こりえますが、もっとも多いのは足首の捻挫だと言われています。

捻挫を起こすと、関節周辺が腫れて痛むとともに、内出血も起こります。このようなときは応急策を行います。まずは安静にし、患部を冷却しましょう。その上で、お早めに整形外科を受診し、通常は手術によらない保存的な治療を行います。テーピングやサポーターなどによって患部を固定して関節の動きを制御し、関節にかかる負担を軽減します。なお、固定を外した後も、すぐに激しい運動をするようなことは避け、適切なリハビリテーションを行ってください。

骨折

骨折は文字通り骨が折れた状態です。骨とその周囲には神経と血管が張り巡らされていますので、当該部位に痛みや腫脹が出現します。重症のケースでは関節を動かせなくなったり外見が変形したりします。もっとも、見た目には特に大きな変化はなく、痛みなどの問題があまり出ないケースもありますので、まずは整形外科でエックス線検査などを行うようにしましょう。

骨折による治療の基本は、骨を元通りの位置に戻し、固定することです。骨がずれていなければそのまま固定しますが、傷口が開いて骨が露出している場合や骨がずれている場合には、固定する前に正しい位置に戻さなくてはいけません。このような整復には強い痛みが伴いますので、通常は麻酔をかけてから行います。

リハビリテーション

心身の機能や構造に障害が起こったときに、運動機能などを医学的に改善しようとするあらゆる取り組みのことをリハビリテーションと呼んでいます。当院では、病気やけが、老化、スポーツ外傷・障害、手術などによる機能障害などを是正するため、運動療法や物理療法、作業療法などを行っています。
運動療法では、身体全体または一部を動かすことで症状の軽減や機能の回復を目指します。予防を目的として腰痛体操や転倒予防など、柔軟性、バランス能力の改善させることもあります。また、物理療法では牽引療法やマッサージ、温熱療法、寒冷療法、電気療法などを取り入れ、麻痺や痛みを解消していきます。作業療法では、日々生活していく上で必要とされる動作や社会に適応するための能力の回復を目指し、様々な作業を通じて治療します。

大川胃腸科外科クリニック
〒480-0102
愛知県丹羽郡扶桑町高雄伊勢帰133-2
tel.0587-92-3155
理事長
大川 洋史

院長
小林 昌義

診療科目
外科 消化器科 ペインクリニック (内科・小児科一般)

最寄駅
名鉄犬山線 扶桑駅下車(徒歩約10分)
休診日:木曜午後、土曜日午後、日曜日、祝日
※点滴療法は診療時間内で行っております。予約制ですので、事前にご連絡ください。
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:30~19:00