当院の一般内科では、かぜ・熱・咳などの急性期疾患の治療を行います。風邪やインフルエンザに罹患したとき、咽頭炎や扁桃炎、気管支炎、肺炎、腹痛、下痢、吐き気、膀胱炎、熱中症など、幅広い病気が対象となります。通常の小児科で診察するお子様の病気、体調の変化についても当院の一般内科で対応できます。お子様からお年寄りの方まで、急な体調不良の際はお気軽にご受診ください。なお、高度医療や入院加療、手術などが必要と判断された場合には、適切な医療機関や専門医へのご紹介をいたします。

こんな症状はご相談ください

  • 発熱
  • せき
  • 鼻水
  • 喉の痛み
  • 腹痛
  • 便秘
  • 下痢
  • お腹が張る
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 頭痛
  • 発疹
  • 疲労感
  • 夏バテ など

主な対象疾患

  • 風邪症候群
  • インフルエンザ
  • 咽頭炎
  • 扁桃炎
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 胃腸炎(腹痛
  • 下痢
  • 吐き気)
  • 尿道・膀胱炎
  • 熱中症 など

慢性期疾患の治療も行います

当院では生活習慣病など慢性期疾患の治療も行っています。過食や偏食、運動不足、喫煙、お酒の飲み過ぎなど、不摂生な生活が続いていると慢性期疾患になりやすいと言われています。特に高血圧、脂質異常症、糖尿病は重篤な病気の原因ともなりますので十分注意しましょう。当院では、この地域にお住まい・お勤めの方の「かかりつけ医」として慢性期疾患の診療・管理を行いますので、お気軽にご相談ください。

高血圧

血圧がある程度の範囲を超えて高く維持されている状態です。ご家庭で測定した血圧が135/85mmHg以上の方は高血圧が疑われますので、医療機関を受診して必要な検査を受けるようにして下さい。血圧の高い状態が続くと、血管壁がダメージを受けて動脈硬化の原因になります。狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎臓病なども招きやすくなります。高血圧は食生活(塩分の摂り過ぎ)、嗜好品(タバコ・お酒など)、運動不足、ストレスなどの環境要因が重なることによって引き起こされると考えられていますので、まずは生活習慣の改善に取り組みましょう。

脂質異常症

脂質異常症は、血液中のコレステロールや中性脂肪の濃度が慢性的に高くなってしまう病気です。放置すると動脈硬化が進行し、やがては心筋梗塞や脳卒中などの発症原因となります。高血圧と同じように、生活習慣の乱れで起こりますので、食事を見直し、適度な運動を心がけましょう。

糖尿病

糖尿病は、何らかの原因で血液中のブドウ糖が細胞にうまく取り込めなくなってエネルギーとして十分に利用されず、ブドウ糖が慢性的にダブついてしまう病気です。長期にわたり血液中のブドウ糖の過剰な状態が続くと、全身の血管に様々な問題が現れ、悪くすると心筋梗塞や脳梗塞、人工透析や失明など、深刻な事態にも陥りかねません。現在のところは完治させることができませんが、血糖値を正常に保ち、体重や血圧、血中脂質も併せて良好な状態に保てば、合併症を起こさずに健康を維持することは十分に可能です。お薬によって血糖値を調整し、糖尿病の悪化を防ぐようにして下さい。

大川胃腸科外科クリニック
〒480-0102
愛知県丹羽郡扶桑町高雄伊勢帰133-2
tel.0587-92-3155
理事長
大川 洋史

院長
小林 昌義

診療科目
外科 消化器科 ペインクリニック (内科・小児科一般)

最寄駅
名鉄犬山線 扶桑駅下車(徒歩約10分)
休診日:木曜午後、土曜日午後、日曜日、祝日
※点滴療法は診療時間内で行っております。予約制ですので、事前にご連絡ください。
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:30~19:00